インターナショナルスクール卒業生が語る意外と社会に出ると役立つスキル2選

こんにちは、こっこです。

突然ですが、私は中高とインターナショナルスクールに通っておりました。ずいぶんと前ですが。

こういうと、うわー、ボンボンかよーお嬢かよーという声が聞こえてきそうです。

全然そんなことないのに。

私にいたっては、お昼ご飯が買えないときがあったので、朝白いご飯だけ持って行って
友達におかずを恵んでもらっていました。

大体友達もかけうどんとかそばでしたから、うどんとご飯のダブル炭水化物メニューを週5で
たらい上げてました。若かった。。

もちろん多くの方が持っている(かもしれない)イメージ通り、お嬢様やボンボンもたくさんいます。

前置きが長くなってしまいましたが、別にここでインターナショナルスクールの
貧乏、金持ち自慢をしたいわけではありません。笑

ただ、私が経験から「インターナショナルスクールに通う、通っていた子」のイメージの多くは

-英語しかできない
-お嬢、ボンの甘やかされた子の集まり
-卒業後は日本社会で生きていけるのか!?  等

ではないか、と。まぁ、私の経験則だけの話なので、そんなことないよ、と思われる方には先に謝罪します。すみません。

上記のイメージは全部否定しません。
「英語以外の全国模試の結果やばくね?」って話は卒業前までしていた記憶があります。

がしかし、それだけではない!

インターナショナルスクールで培ったことは今でも役に立っています。

今回はそこのところを紹介していきたいと思います。

指示されるだけではない環境だからこそ育つ自分で考え行動する力

高校、大学の就活の時、あるいは転職する際、こんな悩みはなかったでしょうか?

自分は何がしたいんだろう、どこに向かっていくんだろう。

幼かった頃はあんなにいろんな夢があったのに。なんて。ありがちですよね。

おそらく親にこの学校行ったら、とか大学は○○を卒業しろ、とか。

育ててきてくれている親や親せきの言うことを無碍に断られず、素直に受け止めて育ってきた方も多いと思います。

 

私が通っていたインターナショナルスクールはそこに待ったをかけてくれました。

○○しなさい、ではなく、あなたは何がしたい?のスタンスで先生方やクラスメイトの皆は接してくれます。

例えば、私が卒業したスクールでは週に1クラス、生徒たちが好きに使って授業をして良いという時間がありました。

もちろん自習とかではなく、本当に好きに使ってよかったのです。

そのクラスのためのリーダー(委員長)が選出されました。委員長が司会進行みたいな形でクラスでどんなことを

話し合いたいかクラスメイトの皆に効きます。皆で最初は自己紹介しあったり、皆のいいところを褒めあったり.

皆の口ぐせは「それいいね!じゃあ○○もいいんじゃない?」、「ほう、なぜ○○をやりたいの?」とかいろいろ!

私は最初シャイで、自分の意見がそれこそ全然言えませんでした。

でも、そんな私がそのクラスの副委員長になりました。手をあげました。自分が少しでも成長できたらと。

・・・いやーイキッてますよね笑 ここに記載するのも恥ずかしい。笑

でもほら、副になったからって皆から出た意見を

別にリーダーだからってテーマに対して意見が言えないわけではありません。

私も自分のしたい、を存分に皆に発表しました。

もうずいぶん昔なので、例は忘れましたが、全校生徒の名刺を作るとかだったと思います。

職業欄には自分が将来就きたい夢とか書いたような。

残念ながら、予算が出ないということで却下になりましたが。それまは皆良いね、とか

同じ学校の皆をよく知るチャンスだね、じゃあレイアウトこんなにしてみる?など

芋づるみたいにいろんな意見がでたのが嬉しかったのを今でも覚えています。

 

グローバルな視野を持つこと=英語力 ではない

さてグローバルなんて大きなワードを出してきてしまいました。

なんでしょうね、日本語だと「国際的な」?うーん、やっぱり国際的といえば英語力じゃない?とか思いますかね。

私もそう思って英語の授業がんばりましたよね。

でもグローバルな人は英語ありきじゃないらしいです。

グローバルな人とは一つの事をいろんなレンズから見れる人のことだと。

例えば、日本で流れる国際ニュースはメディアをただ鵜呑みにするのではなく、

他の国で流れている情報はどうだろう?なぜ日本ではこのように情報が流れているのだろう?

と考えることみたいです。考えることが苦手な私にはこれは苦労しました。

英語だけできてたらいいってもんじゃあないですね笑

そのためには世界の新聞(大体英語に訳されている)をよく読んでおくことがいいそうです。

国内だけのニュースであれば、国内新聞で大丈夫です。

まとめ

さて、いろいろ偉そうに書きましたが私がインターナショナルスクールで学んだのは下記です

-自分の意見を言えるようになる

-英語力だけではない国際的視点

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す




Menu

HOME

TOP