「世界一やさしい問題解決の授業」と初心者ブロガーだからチャレンジできること

こんにちわ、こっこです。

私のような初心者ブロガーは結果がまだ出ていない分、守るものがないので、書く内容を冒険しても良い強みがあります。

完全なる想像ですが、月にサラリーマンの平均月収超えている方って数字に結果が表れている分、

たくさんの方が読んでいる分、

書く内容ももっと精査しなければいけないし(間違っていたらごめんなさい)、

期待されていることって大きいと思うのです。

 

でも私みたいに記事も数記事しか書いていないとき、そのような制限はないです。

 

もちろん今の時点で、このサイトを発見してくださったには本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

今は弱小ブログですが、ここにたどり着いてくださった方が今後

どうだ、このサイトの初期から見てきているんだぜっ!!

ってアイドルファンばりに自慢できるくらい(自慢になるかな。。)ちゃんとしたブログを作っていきたいと思います。

また、同じひよっこアイドル(初心者ブロガーの方)が私の記事を見て私もやってみようと思っていただけるようにがんばります。

 

そのために!!

冒険はするも、ただやみくもに大海原に身を投じることはできない。

すでに投じてしまいましたが。

まずは船(ブログ)をしっかり組み立てないと。

書籍、サイト、コンテンツのマインドマップ、キーワードプランナー、あらゆるものを見てきました。
そしてその中で出会った本がこれです。

「世界一やさしい問題解決の教科書」

はい、ブログ作りのハウツー本ではないです(笑)

しかし、ビジネスのあらゆるシーンで必須のスキルPDCA(計画、実行、評価、改善)をわかりやすく学ぶことができます。

最近、PDCAにまつわる話がたくさんありますが、こちらの本はタイトル通りわかりやすいです。

少なくとも私が読んできた関連本数冊の中では一番わかりやすいです。
ただの解説書ではなく、わかりやすい物語、キャラクターとキュートな絵を織り交ぜているので、決して飽きさせない。

要約

この本では、まず冒頭で、問題解決することの大切さを4タイプのキャラクターを比較して説明しています。

・「どうせどうせ」子ちゃん - 問題はどうせ解決されないと最初から思考停止で行動もとらない。
・評論家くん - 問題の原因をつきとめることはできるが、行動にうつせない。
・気合でゴーくん -評論家くんとは逆タイプ。問題解決は行動ありき。行動するが、考えがおよんでいないから解決が遠回り。
・問題解決キッズ君 -問題の原因を考えて行動して、行動した結果から学んで次に活かす。一番バランスが良い。

問題解決キッズ君はこんなことをしています。以下引用です。

現象を起こしている原因を明らかにし、効果的な打ち手を考え、実行していく

この一連の作業をどのようにするかを、以下の具体的な例を元に解説されています。

現象を起こしている原因を明らかにする - 中学生バンド キノコLOVERSの皆さんが「コンサートに人が集まらない」原因を*分解の木を用いて明らかにしている。

*分解の木は問題の原因になるようなものを全部書き出してグループ分けする作業。*簡単なもの作ってみた

 

効果的な打ち手を考え -グループ分けしてくださった中で作っていく

実行していく-これも分解の気を使って様々なアイディアを打診する。

 

このブログもまさにこの問題を洗い出して視覚化する必要があるなと思いました。(続く)

 

 

 

 

コメントを残す




Menu

HOME

TOP